若返りに良い音楽があるの?

音楽というものは、精神をリラックスさせてくれる効果があるということは多くの人が知っていいますよね。
そして、そのほかにもなんと若返りの効果があるらしいのです。
最近では音楽療法といったものもあるようですよね。
このように、音楽を聴く事によって効果が得られる場合もありますし、自ら演が奏する事によって効果を得るという場合があります。
音楽は精神的な部分での障害の回復を図ったり、身体機能を向上させてくれたり維持する事を促進させて、私たちの生活を豊かにしていく手助けをしてくれるものなのです。
老化現象のひとつとして、耳が遠くなることが挙げられます。
音を聞くためには、耳たぶや鼓膜といった部分が音をとらえて、耳の神経まで届けるというシステムと、聴神経が働くことにより神経から脳へと伝わっていく2つのシステムが相互作用しています。
老化によって耳が遠くなってしまうということは、脳にある聴神経が老化により衰えてきてしまい、感覚細胞が段々と衰え、狂ってしまう事により、高齢者は耳が遠くなってしまうのです。
音楽を聴いていると、血管は拡張されて血行がどんどん促進されていくという効果があります。
但し、こういった効果はあまり好きではない曲だったりすると現れず、その逆に血管が収縮してしまうという事もわかっています。
自分の好きな音楽をずっと効き続けていても、効果が薄れてしまいますので、自分の好みの範囲の新しい音楽を常に効くようにしていると、細胞は活性化されていき、生まれ変わり、若返るという効果が得られます。
できるだけ新しい音楽を探すという事は、脳をどんどん使う事になりますので、認知症等の予防へとつながります。