若返り サプリ

 

見た目年齢の若返りにサプリが活躍!

 

見た目が若いとやっぱり嬉しいですよね。健康食品やサプリメントを利用していると、確かに体は元気になった気がしますが、それが外見に出てくれないと何かさびしい気持ちになるという人もいるでしょう。特に、身近に若く見える人がいるとその思いは強くなりますよね。

 

見た目の若々しさを保つためには、まず肌をケアしましょう。化粧品や美用品は、価格だけで選ぶのではなく、自分の肌や年齢に合ったものを選んでケアすることが大切です。また、正しい正しい洗顔は肌の管理の基本です。

 

正しい洗顔は、あまり強い洗顔料を使わず、また強くこすらないこと、そしてしっかりあわ立てて使うことが大切です。肌にとっては洗顔料は刺激ですから、やさしく洗いましょう。強い刺激は、肌内部で活性酸素が発生する原因になりますから注意してください。

 

若さを保つ上でも大事なことに、表情があります。顔にも筋肉があるのですが、これは普段から表情を作る中で使われていて、これが衰えることでシワやたるみが出てくるようになります。ですから、逆に顔の筋肉を鍛えることで予防・改善になるんですね。

 

若さを保ち、表情筋を鍛えるという一石二鳥の効果をもたらすものは、笑顔です。笑顔は顔の多くの筋肉を使いますし、気分も良くしてくれる作用がありますから、顔を鍛えつつ元気になっていきます。

 

見た目の影響を左右する白髪は、ストレスや疲労から生じやすく、遺伝の影響も出やすいと言われています。基本的に血行改善作用や抗酸化作用のある成分を摂取するようにすると、予防や改善が進むと言われています。

 

こうした点に注意して、若い状態を保ちましょう。

 

若返り成分の王様、プラセンタ

 

プラセンタというのは、哺乳類の胎盤のことを意味します。自然界では、この胎盤を生まれたばかりの赤ちゃんや、母親、家族が食べて体を強くするという風習のある動物が非常に多く、それだけたくさんの栄養価を持っています。

 

プラセンタには必須アミノ酸を含む20種類以上のアミノ酸に加え、ビタミン、ミネラル、ムコ多糖体など多くの栄養素が含まれており、非常に健康や美容に対して有用だと言われています。何よりも注目を集めるのは、細胞増殖因子と呼ばれているもので、これは細胞分裂を活発化させる機能を持っていて、胎児はこの作用によって非常に小さな細胞から大きな生命体に変化していくことができるのです。これは、胎児だけでなく、生後、大人になってからも日々繰り返される新陳代謝や細胞の再生、毛髪の育成などに役立てられています。

 

また、プラセンタは真皮の中の繊維芽細胞を増やす役割があり、皮膚中のコラーゲン量を増やす効果があります。そのために、肌はハリや弾力を取り戻して、シワなどのトラブルを改善してくれます。

 

プラセンタには高い抗酸化作用に血行促進効果、ホルモンバランスの調整効果もあり、体の細胞の老化を防ぐ作用もあり、まさにアンチエイジングのための成分と言っても良いでしょう。

 

医療機関ではプラセンタ注射という方法が取られ、高品質なプラセンタを必要な部分に直接注入することができます。これは化粧品やサプリメントなどよりもずっと効果が高いのですが、費用の問題や効果の持続期間の問題があります。

 

サプリメントは効果は緩やかですが、価格的にも安価で、継続的に使用できるのがメリットです。プラセンタを用いた若返りサプリは非常に多いので、良いものを選ぶためには多少知識が必要となります。

 

抗酸化力の高いアスタキサンチン

 

抗酸化作用の高い成分が若返りサプリには多く使われていますが、その成分の中でも特に抗酸化力が強力だといわれているのがアスタキサンチンです。

 

アスタキサンチンは、エビやカニ、サケに含まれている赤い色素、カロテノイドの一種ですが、もともとはプランクトンが持っている色素で、それが食物連鎖によって海洋生物の体内に蓄積されているものです。ニンジンなどのカロテンと同じく、植物を紫外線などの刺激から守る役割をしているもので、活性酸素を消去する抗酸化作用を持っています。

 

人間は直接的にアスタキサンチンを摂取することはまずありませんが、食事を通して摂取しているのです。

 

アスタキサンチンは、細胞の酸化をその優れた抗酸化作用によって防ぎ、体の機能を正常に保つ働きをします。その特性として、脳や目といった部分にもしっかり届くという点があります。脳や目は人体の中でも特に大切な部分ですから、その入口には関所のようなものがあり、栄養素だからと言っても何でも通してはくれない作りになっています。その中でアスタキサンチンは通過が許され、その作用を発揮することができるので、目や脳のアンチエイジングにも高い効果を発揮できるのです。

 

アスタキサンチンは抗酸化作用が強いことから化粧品などにも多く利用され、その働きによってメラニン色素や活性酸素の生成を抑えることができます。

 

アスタキサンチンをしっかり摂取するためには、やはりサプリメントを通して摂取するのが最も良い方法です。高濃度で消化や吸収にも優れたサプリメントは、健康や美容を助ける効果が期待できます。

 

女性ホルモンにイソフラボン

 

女性に嬉しい成分として、アンチエイジングだけでなく広く使われているイソフラボンは、植物に含まれるポリフェノールの一種です。

 

ポリフェノールというカテゴリーは、強力な抗酸化作用をもつ成分が多いのですが、特にイソフラボンが有名なのは、女性ホルモンのエストロゲンに似た構造をしていて、同様の効果を発揮すると言われているからです。婦人科系のトラブルの中には、ホルモンバランスが乱れてエストロゲンが少なくなっているために生じるものが多く、その改善に効果があるとされています。

 

また、男性には無縁だと思われている面があるのですがそんなことはありません。男性ホルモンの変異から生じる薄毛や前立腺がんの予防に有効に作用するとされています。

 

女性の場合は特に年齢が進むに連れて、女性ホルモンの分泌量は不安定になり、更年期になると激減してしまいます。その時に、イソフラボンを摂取していると更年期から生じる多くの症状を緩和してくれます。

 

また、イソフラボンは女性ホルモンのように、骨にカルシウムを沈着するのを助けるため、閉経後に弱りやすい骨をしっかり支えてくれます。

 

近年は、乳がんなどの予防のためにもイソフラボンが有効とされていて、男性は前立腺がんの予防にイソフラボンが利用されるなど、ガン対策にも使われています。

 

イソフラボンは多くの健康効果があり、大豆食品に多く含まれていることからしっかり摂取している人は多いです。普段から摂取したい人は、納豆や豆腐を多く食べる機会を作りましょう。毎日続けるのが大変な場合は、不足していると思った日にサプリメントを飲むのが良いでしょう。

 

血行を良くするDHA&EPA

 

今、血管障害を防ぐためにもサラサラ血液が重要だということが言われていますが、そのためにも是非摂取したいのがオメガ3脂肪酸と呼ばれる種類の脂肪酸です。

 

これらは健康効果だけでなく、アンチエイジング効果も期待されています。

 

血液がドロドロの状態だと、ダイエットのために運動をしていても、エネルギー消費量をなかなか増やすことができないと言われています。健康な体を作る上では、体内の血液循環をまずスムーズにする必要があるのです。

 

オメガ3脂肪酸は、血中における中性脂肪や悪玉コレステロールを抑えて、血液をサラサラな状態にし、血管障害のリスクを低下させる効果を持っています。

 

そのような作用が体に起こると、疫力の向上やアンチエイジング、肥満予防などの効果も合わせて出てくるのです。

 

オメガ3脂肪酸は魚油や植物油に含まれているので、昔の日本人はこうした成分を摂取するのに不足ということはありませんでしたが、今は食生活の変化から不足しがちです。青魚を多く食べ、シソ油やアマニ油、エゴマ油といった植物油を摂取することが大切です。

 

オメガ3脂肪酸は熱に弱く水に溶けやすいいため、できるだけ生の状態で摂取することが望ましいと言われています。日本人は昔からお寿司やお刺身など、新鮮な魚をそのままいただく食習慣がありますが、これは体にとってもとてもいい習慣だったのです。

 

とは言え、毎日そういった食品を食べるのは大変ですから、難しいときはサプリメントを利用するのが良いでしょう。

 

若返りの基本、ビタミンE

 

昔から「若返りのビタミン」と呼ばれるビタミンEですが、これが健康や美容にどのような効果をもたらすのでしょうか。

 

ビタミンEといえば、抗酸化ビタミンとしても非常に有名なビタミンで、最近は多くの健康食品やサプリメント、化粧品類に配合されることも増えてきました。

 

そのビタミンEには、体の酸化を防止する抗酸化作用が含まれていて、普段から受けている紫外線やストレス、タバコ、運動などによって生じる活性酸素を抑制してくれる働きがあります。これによって体の細胞が持っている機能をしっかりと維持することができるようになっています。

 

活性酸素は皮膚細胞の酸化や、シミやそばかすなどの原因になるメラニンを生みだす原因にもなりますから、ビタミンEをしっかり摂取しているとこれらの害を少なくすることができるのです。そのため、肌もきれいに保つことができます。

 

ビタミンEは、血管を健やかに保って血流を改善する作用も持っていて、体の内側を活性化する役割を持っています。動脈硬化や脳卒中、心臓病、ガンなどを予防してくれますから、現代人の健康には無くてはならない栄養素と言えるでしょう。

 

ビタミンEは、普段からの食事で摂取するなら、くるみなどのナッツ類に多く含まれているので、意識して摂取すると良いでしょう。

 

ただ、その場合にはカロリーや脂質など、別の成分に注意を払う必要があるため、手軽に摂取したいのであれば、サプリメントの利用がおすすめです。特にアンチエイジングを考えるのであれば、相当量の摂取が必要となりますから、高配合のサプリを利用するのが良いでしょう。

 

美肌に不可欠なビタミンC

 

昔から健康のために必須として、非常に有名なビタミンであるビタミンCですが、これもまたアンチエイジングのためには欠かせない栄養素です。

 

ビタミンCは美肌ビタミンとも呼ばれ、メラニン色素の元になるチロシナーゼの働きを抑制したり、メラニンを分解するいわゆる「美白効果」をもったビタミンです。また、肌の抵抗力を高めたり、その抗酸化作用によって肌の状態を健康な状態に保ちます。

 

それだけではなく、肌の水分量や脂分をコントロールするためにも必要なビタミンで、肌を守って美しく保つための様々な役割を担っています。コラーゲンの生成をサポートして肌のハリや潤いを保つためにもビタミンCは利用されています。

 

ビタミンCは、実は目の中の水晶体と呼ばれる部分に多く含まれています。紫外線やストレスなどを多く受ける目は、多くのビタミンCを含むことによって細胞の酸化やダメージから目を守っているのです。

 

ストレスから守ってくれる「抗ストレスホルモン」というものが人間には備わっているのですが、このホルモンの働きによって私たちはストレスに対しての耐性を体が作り出しています。緊張すると血圧や血糖値が上がったり、脈拍が早くなったりしますが、これはこのホルモンの役割で、緊急時に素早く動いたりできるように体が作用しているのです。

 

この抗ストレスホルモンの合成を促進するのもビタミンCの役割です。
その他にも、ビタミンCは免疫力を高めてストレスに強い体を作ってくれます。

 

ビタミンCは多くの果物にも含まれていますし、ドリンク類にも含まれているものが多いので、あまり不足することはありませんが、毎日摂取する必要があるという点には注意しましょう。一度に大量に摂取しても尿として出て行くだけですから、毎日適量を都度摂取していくようにしてください。